手取り月給乏しいけれど行える!節電テクニック

30代の業女、成婚5時眼、2年の娘が自分いる。

住宅は恋人の販売だけで生活していますが、所得は400万ほど。市街地在住なので、くれぐれも高販売というわけではありません。
来季からは娘が個人幼稚園に入園するのでとても経費もかかります!できれば大学をめぐって下さいと思っているし、習い事も娘が望むものはやらせてあげたい・・・。なので、今は頑張って節約をし、月給は手取り23万階級ですが、月に4、5万は蓄積するようにしている。そこで住宅で行っていらっしゃる節約技術をご紹介したいと思います!前もって節約一種眼は連絡費。恋人は仕事柄オンラインやメイルを美しく扱うので、携帯としていますが、僕はいまだにガラケーだ。
僕は月に2000円ほど。2000円でおつりが来るひと月だってあります。電話をする対象は肉親くらいなので、ガラケーの家中呼出し料金サービス構成に入れば決して0円。
あとはメイル等の連絡費くらいなので、これ程安くすんじゃいる。無論スマフォに憧れはあります(笑)世間でガラケーを生み出すのはフランク恥ずかしいだ。それでも虚勢を張って携帯として年甲斐お金を使うからには、ガラケーが国家からなくなるまではガラケーでいきたいと思います!
お次に節約次は食費。住宅は3自分でひと月25000円ほど。
卵は近所の上級で週間に2回100円の日光があるので、その日以外は絶対に買いません。
娘のお菓子もホットケーキや飲料で作ったシャーベットなど、できるだけ手作りとしている。お菓子を買うとある程度厳しくつきますよね。
あとは短いお豆腐をお肉のボリューム継ぎ足しに使ったり・・・。
安いだけでなく、栄養素もバッチリです!買いものは概ねカード支払いにし、カードのシチュエーションも貯めている。やりくり簿を付けているので、カードだからといって使いすぎることはありません。
最後に節約3つ目は、マガジンは極力買わない。
娘が狭苦しいので、読み聞かせは毎日10冊ほどしています。
幼児期の読み聞かせはとても必要だと思っているので、絶対に欠かせません。なので、書斎を活用します。
住宅は週間に2、3回は書斎に行き、どっさり借りてきます。
近くの書斎は30冊まで使えるので、いつもぎりぎりの30冊くらいは民家にあります。娘のピクチャーブックはもちろん、私の養育書や料理本、着こなし誌だって借りれます。
その中で、娘がものすごく気にいって何度も借り上げるようなマガジンだけは随時買ったりしますが、書斎で断じてOK。
経済的だし、いろんな種類のマガジンに触れられるので、至って助かっています。
今回は節約技術を3つほど掲示しましたが、いかがでしたか?どうにか学資はもちろん、自分たちの老後の蓄積もしていかなければならないので、楽しみながら切り捨て、貯金していこうと思います!ここのサイトが役に立ちました